共働き子育てママ「ハルピカ」の頑張りすぎないマイル日記

育休明け直後のワーキングマザーがある日思い立ち、ANA陸マイラーデビューをしてからの頑張りすぎずにマイルを貯める、等身大の記録です。
順不同に記事Upしているため、まとめ記事からだと体系的に読んでもらえます。

【検証記事】 楽天市場では、どのクレジットカードを使うと最もマイルが貯まるのか?

 

 

前の記事で楽天カード発行でもらえるポイントと、楽天市場のSPUキャンペーンの話をしました。その中で、「結局楽天市場ではどのクレジットカードを使えばいいの?」という疑問が生じましたので、自分の探求心のために、そのあたりを検証してみました。

尚、クレジットカードは数多ありますが、ここではハルピカが所有していて比較したいと思っている、ANAワイドゴールド」楽天カード(一般)」とで比較します。また、ソラチカカードは所持していてソラチカルートを使える前提にしてますので、ご了承ください。

 (ソラチカカードって何?という方はこちらの記事を最初にお読みください)

harupica.hatenablog.com

 

f:id:Harupica:20161025224616j:plain

 

検証(1) ANAワイドゴールドカードで楽天市場利用の場合

ANAワイドゴールドカードの場合、もらえるポイントは、
 (1)楽天ポイント
 (2)三井住友VISAカードのワールドプレゼントポイント
 (3)ハピタスのポイント

の大きく3つですね。

 

(1)の楽天ポイント(ANAワイドゴールドの場合)

(1)の楽天ポイントについては、SPUキャンペーンの6つの条件のうち、下の表のように、確実にもらえる楽天ポイント条件1「楽天市場の通常利用時」1%だけですね。
場合によっては、条件4「楽天アプリ利用時のSPU特典」1%も追加されますが、ハピタスの広告案件と併用できないという特徴がありますので、条件4の1%か、ハピタス経由でショッピングした時にもらえるハピタスポイントの1%か、どちらかを選ぶ必要があります。

 

f:id:Harupica:20161027005754j:plain

 注意すべきは、楽天通常ポイントは2P=1ANAマイルに交換できますが、楽天期間限定ポイントはマイルに移行できない、という点ですね。

 

楽天SPUってなに?という方は、それの特集記事を書きましたので、こちらをご覧ください。↓↓↓

harupica.hatenablog.com

 

(2)の三井住友VISAカードのワールドプレゼントポイント(ANAワイドゴールドの場合)

ANAワイドゴールドカードを用いたショッピングの場合、1000円につきワールドプレゼント通常ポイント1ポイント(10ANAマイル相当)がもらえます。
この他に「マイ・ペイすリボ」を使用するならば、ボーナスポイントとして、1000円の決済につき追加で1ポイント(Gポイントを使ったソラチカルートで4.455ANAマイル相当)がもらえます。

(尚、年間お買いもの決済金額によってV1~V3 の各ステージに設定されてもらえる「ボーナスポイント」については、ここでは抜いて考えています。)

 

(3)のハピタスのポイント(ANAワイドゴールドの場合)

ハピタスの広告案件経由で楽天市場でショッピングをした場合、購入金額の1%のハピタスポイントが貯まりますね。ハピタスポイントはソラチカルートでメトロポイントにして、その後ANAマイルに移行します。

 

 

ANAワイドゴールドの場合のもらえるポイントとマイル数の一覧

 

税込10,000円分、ANAワイドゴールドカードを使って、楽天市場でお買い物をしたと仮定します。

f:id:Harupica:20161027005959j:plain

こんな感じになりますね。

楽天期間限定ポイントはマイルに交換できませんので、「得るもの合計」欄にもポイントのまま残しています。

 

一番左に書いた条件の時が、最ももらえるマイル数が多いですね。

 

どんな条件だったかというと、

  ・ハピタス経由で楽天市場でお買い物をする

  ・ANAワイドゴールドカードで決済する

  ・同月別日に楽天アプリの使用歴あり

  ・マイ・ペイすリボの手数料を毎月1円以上支払っている

この、4つです!

 

マイ・ペイすリボについては、ちょっと厄介ですが、それ以外は難しくない条件だからみんなマネっこできそうですね。

 

いずれにせよ、得るものの合計は、

284.5ANAマイル+100楽天P(期間限定・マイル移行できない)

です。

 

 

検証(2)楽天カード楽天市場利用の場合

楽天一般カードの場合、もらえるポイントは、
(1)楽天ポイント
(2)ハピタスのポイント

の大きく2つですね。

 

(1)の楽天ポイント(楽天カードの場合)

(1)の楽天ポイントについては、SPUキャンペーンの6つの条件のうち、下の表のように、確実にもらえる楽天ポイントは条件1~3の4%は確実ですね。
条件4の「楽天アプリ利用時のSPU特典」の1%は場合によっては追加されますが、ハピタスの広告案件と併用できないという特徴があります。
そのため、条件4の1%か、ハピタス経由でショッピングした時にもらえるハピタスポイントの1%か、どちらかを選ぶ必要があります。

 

f:id:Harupica:20161027010149j:plain

 

(2)のハピタスのポイント(楽天カードの場合)

ハピタスの広告案件経由で楽天市場でショッピングをした場合、購入金額の1%のハピタスポイントが貯まりますね。ハピタスポイントはソラチカルートでメトロポイントにして、その後ANAマイルに移行します。

 

楽天一般カードの場合のもらえるポイントとマイル数の一覧

 

税込10,000円分、楽天一般カードを使って、楽天市場でお買い物をしたと仮定します。

f:id:Harupica:20161027010242j:plain

 

こんな感じになりますね。

繰り返しになりますが、楽天期間限定ポイントはマイルに交換できませんので、「得るもの合計」欄にもポイントのまま残しています。

 

これも一番左に書いた条件の時が、最ももらえるマイル数が多いですね。

 

どんな条件だったかというと、

  ・ハピタス経由で楽天市場でお買い物をする

  ・楽天一般カードで決済する

  ・同月別日に楽天アプリの使用歴あり

この、3つだけですね!

どれもそんなに難しくないからみんなできそうですね。

いずれにせよ、得るものの合計は、

190.5ANAマイル+300楽天P(期間限定・マイル移行できない)

です。

 

結論

ANAワイドゴールドカードを使って楽天市場で10,000円の買い物をした場合は、

最大で284.5ANAマイル+100楽天P(期間限定) 獲得できます。

 

一方、楽天一般カードを使って楽天市場で10,000円の買い物をした場合は、

最大で190.5ANAマイル+300楽天P(期間限定) 獲得できます。

 

なかなかいい勝負だと思いませんか?

どっちがマイルをたくさんもらえるのか?というマイル絶対主義のもとでみると、楽天市場でもANAワイドゴールドカードが優位です。

でも、期間限定楽天Pは楽天市場で使えるから、合計ポイント数が多いほうがいいという人は、楽天市場楽天カードを使ったほうがよさそうですね。

 

284.5-190.5=94マイルの価値が、300-100=200楽天Pの価値を上回ると判断するなら楽天市場でもANAワイドゴールドカード

逆に、94マイルの価値が、200楽天Pの価値を下回ると判断するなら楽天市場では楽天カード

とも言い換えることができます。

 

この辺りは、価値観なので、その人のおかれている状況によって使い分けしていいレベルの僅差だと思います。

 

うーん、こうやって検証してようやくどっちがベストなのかが見えてきましたが、なかなか面白い、いい勝負でしたね。

そのため、結論としては、「どうしてもマイルを貯めたいなら、楽天市場でもANAワイドゴールドカード!ちょっとでもお得にしたい!というのなら、楽天市場では楽天カード!」という結論に持っていけると思います。

 

まとめ

ワイドゴールドと楽天カードで比較すると、圧倒的にどちらかが陸マイラー的に優秀!と出るかと思いましたが、僅差でしたので、はっきりとした結論は出せません。なんだかもやもやしたまとめですみません!

なかなか奥が深いです。

 

関連記事

 

harupica.hatenablog.com

harupica.hatenablog.com

harupica.hatenablog.com