共働き子育てママ「ハルピカ」の頑張りすぎないマイル日記

育休明け直後のワーキングマザーがある日思い立ち、ANA陸マイラーデビューをしてからの頑張りすぎずにマイルを貯める、等身大の記録です。
順不同に記事Upしているため、まとめ記事からだと体系的に読んでもらえます。

ポイントをマイルに交換してみた~ソラチカルート初開通記念記事!(照)

f:id:Harupica:20161119003119j:plain

ポイントサイトに登録したり、ハピタス等でポイントGETしたりした記事はいくつか書きましたが、その貯めたポイントをどうするの?という部分を今日は書こうと思います。


今までその部分の記事を書いてこなかったのには、実は理由がありまして。。。というのも、「自分が実際に体験していなかったから!」という明確な理由です。
7月末に突然思い立ち、陸マイラーデビューをしてから3か月半です。
「頑張りすぎないマイル日記」と銘打ったことをいいことに、本当に大して頑張りもせずにのんびりのんびり気が向くままにポイントを集め、先日ようやくそのポイントがマイルになった、という訳です。
ようやく自分の体験談が書けるステータスになりましたー。あ~、長かった。

 まずはポイントサイトのポイントの期限や価値のおさらい

 

自分の備忘録もかねて、ハルピカが愛用中の各ポイントの情報をまとめておきます。

f:id:Harupica:20161119003132j:plain

ポイントサイトだけでなく、クレカのポイントやANAマイルも含めて表にしました。
ポイントサイトのポイントを最終的にANAマイルに移行するまでに経由するポイントは、すべて期限も把握しておかなくてはいけないですからね。

 

ポイントサイトからANAマイルへの経路をおさらい


各ポイントからANAマイルへ交換するのに、どういう経路をたどるのかをこれまた表にまとめてみました。

f:id:Harupica:20161119003325j:plain

*:PEXからメトロポイントへの交換の際には50円程度/回の手数料がかかります。

**:G-pointからメトロポイントへの交換には、条件によっては5%の手数料がかかります。

※※:ここは下に詳しい説明をしますね。

 

OkiDokiボーナスポイント」をソラチカルートにのせる!の解説!

ここでいう「ソラチカルートにのせる」というのは、ポイントをメトロポイントにして、メトロポイントからANAマイルへの変換率0.9というソラチカカードの一番のイイトコをフル活用するやり方のことです。


OkiDokiポイントには、カード決済1000円につき1Pもらえる通常ポイントの他に、キャンペーンやプラスアルファのサービスなどでもらえるボーナスポイントがあります。
ソラチカカード発行の時に、「マルチポイント5マイルコース」とかそういうコース選択をしたと思いますが、それは通常ポイントの交換の時のコースで、ボーナスポイントについてはこのコースとは別の取扱いでマイルへ移行することになります。
その率は驚きの、1P=3マイル!!
たったの3マイルです。
だから同じOkiDokiポイント1Pに見えても、通常とボーナスとでは、5マイルにと3マイルになるので、価値に結構な差が出てきます!

このボーナスポイント1P=3マイルというのは、OkiDokiポイントから直接ANAマイルに移行した場合の話で、実はこのボーナスポイントもソラチカルートに載せることでもっといい利率(1P=4.5マイル)でANAマイルにすることができるんですね!
その価値、なんと1.5倍!すごいですね。
これに最初に気が付いた人素晴らしいです!!

方法は、既述の表の通りですが、
OkiDokiボーナスポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル
とすればいいんです。
MyJCBのサイトの「ポイント照会・申込」のページで「商品コース・ポイント数からの申込」「コース別で検索」「メトロポイント」で申し込みできます。
ただ、注意しなくてはいけないのが、OkiDokiポイントからメトロポイントへ移行する時には、ボーナスポイントから移行するのか、通常ポイントから移行するのか、選べないらしいんです!
ハルピカはまだここは実践していないので、陸マイラー先輩方からの情報だけを頼りに書きますが、MyJCBからメトロポイントへの以降申請をするとポイント種類の区別なく失効期限の近いものから順にメトロポイントになってしまうということです。
なので、ボーナスポイントの移行をするときには、通常ポイントをANAマイルに交換しておき(通常ポイント⇒ANAマイルの交換の時には、通常ポイントだけを消費するようにできます)、通常ポイント残高0の状態にする、という準備を先にしなくてはいけませんね。
幸い、通常ポイントもボーナスポイントも期限は同じで取得から2年(ソラチカカードの場合)なので、パラパラと交換せずに、通常ポイント交換⇒ボーナスポイント交換の順で一気にやると良いと思います。

ハルピカがこの作業をするのは、あと1.5年後ですね…ちゃんとその時も陸マイラーやってて、これを覚えているかしら。
その時のためにも忘備録としてこの記事をちゃんと書いておきます!

 

※※ワールドプレゼントのプレミアムボーナスポイント」もソラチカルートにのせる!の解説!

これも上記のOkiDokiボーナスポイントをソラチカルートにのせる方法と理論は同じです。
経路がちょっと違うだけです。

 

ボーナスポイント⇒G-point⇒メトロポイント⇒ANAマイルというルートです。
具体的な方法は、三井住友カードのvPassにログインして、「ポイント残高照会」「ポイント交換の申込・ポイントを使う」「ポイントサービス・G-point」という流れで申請できます。
ここでも、何も考えずに移行させてしまうと、通常ポイントまでもを消費してしまうというミスをしてしまうので、要注意です!

ちなみに、三井住友カードの公式ページには、マイレージ直接移行以外のポイント交換時に使われるポイントの順番についてこんな感じに書いてあります。↓↓

[ボーナスポイント][プレミアムボーナスポイント]を優先し、獲得月の古い順に減算。それらのポイントをすべて使い切った後、[獲得ポイント]を獲得付の古い順に減算。


分かるようで、良く分からない説明ですね(失礼!)。
ここでいう獲得ポイントというのは通常ポイントのことですね。
つまり、ボーナスポイントを通常ポイントより優先してG-pointへ移行できるということです。
ただ交換画面では、合算したポイントが『交換可能ポイント』として表示されるだけなので、その中でボーナスポイントがどれだけで交換するのはどれだけなのか?をちゃんと把握しておきましょう!

これもハルピカが実際にやるのは2.5年後!まだまだ先だわ―(笑。

 

今回ハルピカが開通させたソラチカルートは?

色々と概念的なことをまとめましたが、実は今回ハルピカが初開通させたソラチカルートはこんなに複雑なものではなくて、最もシンプルなところで、

ハピタス⇒ドットマネー⇒メトロポイント⇒ANAマイル

でした。

一番シンプルな経路ですが、最初はベストな交換スケジュールなどを把握せずに突き進んだので色々時間のロスがあったり、最初の手続きが色々あったりして、それなりに大変でしたね。
この苦労は最初だけのはず!
次からはサクサク行くはずです。

すべて手続き自体は難しくないです。
ハピタスもドットマネーもサイト自体が分かりやすい構造ですし、FAQもしっかりしているので、感覚的に問題なく操作できると思います。


1つ、気をつけなくてはいけないところがありましたので、次回(次々回かも)失敗話として記事にさせていただきます。
本当におバカな、でも、致命的なミスをしでかしましたので、ハルピカの失敗談を読んで笑ってもらえればと思います。(本当はこのミスのせいで時間を大幅にロスったんですけどね。)

 

ハピタスとちょびリッチの登録がまだの方はこちらのリンクからどうぞ。このリンクから登録すると、紹介プレゼントとしてポイントがちょっと追加でもらえますよ!

↓↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

 関連記事

harupica.hatenablog.com

harupica.hatenablog.com

harupica.hatenablog.com

harupica.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする