共働き子育てママ「ハルピカ」の頑張りすぎないマイル日記

育休明け直後のワーキングマザーがある日思い立ち、ANA陸マイラーデビューをしてからの頑張りすぎずにマイルを貯める、等身大の記録です。
順不同に記事Upしているため、まとめ記事からだと体系的に読んでもらえます。

有休ハワイのために、座席指定について考える!(ハワイ便は右側シート?左側シート?)

2017年GWに特典航空券を活用してハワイに行きます!(やったー!)
出張で飛行機には度々乗っていますが、陸マイラーデビューしてからプライベートでは初めてのフライト!
しかも、旅行代金をフルに払わずに特典航空券を利用してお得に行くとなると、計画にも気合の入り方が違います。

まだ数か月も先なのに、「あそこに行こう!」「あれをやろう!」と、暇さえあればインターネットで調べたり、ガイドブックを見たりして、ニヤニヤしてしまいます。

最近は、こどもと一緒にハワイに行く人向けのガイドブックもたくさん出ていて、そういう本を本屋で見つける度に片っ端から購入してしまいます。
そんなハルピカの姿に、夫は呆れていて、「特典航空券で浮いた額くらいは、出発前に使い果たしてしまうんじゃないの?」とか、やんわり嫌味(?)を言われますが、気にしない、気にしない!
 

話は冒頭からだいぶずれましたが、今日はハワイに行くときの座席指定について考察した内容を記事にしようと思います。

 

羽田‐ホノルル便の機種が変更されて2016年12月現在はB787-9です

2016年10月30日から羽田‐ホノルル線にB787-9型機が就航しましたね。
今までいまいちだったビジネスクラスのシートがフルフラットのスタッガードシート配列になったことで話題になりました。

f:id:Harupica:20161208130810j:plain


ハルピカは2016年10月以前に2017年GWのハワイ旅行の航空券GETしていた関係で、航空券を押さえたときの予定機はB787-8だったけれども、途中で予定機がB787-9に変更されるということになっていました。

B787-8で航空券を発券したタイミングで座席指定をしていたので、ANAから
「【ANAより】座席について(機材変更のご案内)」
というメールを2016年8月24日に受け取っていました。(今更なタイミングの記事ですみませんね!)


メール本文はこんな感じでした。↓↓↓

いつもANAをご利用いただきありがとうございます。
ご予約便の使用機材が変更になりました。
ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。
ANA予約番号 xxxxxxx
■ご搭乗者名 xxxxxxxxxx MS
■変更対象フライト ●月●日(曜日)NH186 東京(羽田)‐ホノルル(オアフ島)
座席指定済みの方は、座席位置や番号などのお座席の条件に変更が発生している場合があります。
予約確認画面からご確認ください。
空席状況により、座席の変更も可能です。
直、ご予約状況によってはインターネットから座席指定が承れないことがあります。あらかじめご了承ください。
▽ご予約の確認 https://xxxxxxx

このメールよりも先に機種変更の情報はGETしていたので、
「あ、例のやつの連絡ね」
という感じで驚きはしなかったのですが、家族4人、小さい子供連れの並び席で座席確保(エコノミー)していたので、急いで座席を確認しました。

予約時には羽根の上の席を取っていた(出入りのしやすいエコノミーの中では前側の席)のですが、羽根のがない部分の席(後方)に移動になっていました。
家族4人は並んだままでしたが。

機材別座席配列を見比べると座席が移された理由がはっきりわかります。ちょっと比較してみましょう。

 

B-787-9の座席配置はこんな感じ

 画像は左が変更前のB787-8(240席仕様)、右が変更後の(246席仕様)。

f:id:Harupica:20161208125735j:plain


変更前は①ビジネスクラスと②エコノミークラスしかなかったのですが、変更後は①ビジネスクラスと②プレミアムエコノミーと③エコノミークラスの3グレードの構成になっています。
さらには、ビジネスクラスのシートがスタッガードシートになったために場所をとりまくっていることもわかります。
これはズレますよね、エコノミーの人たちは、後方へ(苦笑)。
変更前はエコノミークラスの一番前の席は12列目だったのに、変更後はエコノミークラスの一番前の席は20列目ですから。

 

機材変更前は、エコノミーの中では前のほうがよかったので(出入りしやすいから)、「羽根の上でも我慢だね」なんてことを夫と話をしていました。
でも、エコノミー全体がこんなに後ろに追いやられるんなら、この際エコノミーの中では前でも後ろでも、出入りのしやすさ(しにくさ、といったほうが適切?)に変わりはないような気がしてきてしまいます。
たぶん大差はないでしょうね。。。
それなら、外の景色も楽しめる羽根のない部分の席にしておこう!となります。

ということで、機材変更に伴う座席の移動(羽根の上→羽根の後ろ)を、状況に流されたまま受け入れることにしました。

右側が良いのか?左側がいいのか?

 ここで次に出てくるのが
「羽根のない部分の席なら、外のけしきがよく見えるから、右と左で良さに違いがあるのでは??」
という疑問です。

f:id:Harupica:20161208131022j:plain


羽根の上で景色をあきらめていた時には、悩まなくてもよかった問題が新たに発生です。

早速色々調べて検証しました。

【往路】
羽田発時刻は夜なので、子供はぐったり&外は夜景なので、右側でも左側でもどっちでもよさそうです。
ただ、ハワイ到着前はすでに目が覚めていて、ワクワクする気持ちで窓の外を見ているだろうから、綺麗な海のブルーや島の緑が見える側の座席が良さそうです。
着陸前は徐々に高度を下げていき、低空飛行になる時間が長めだと予想されるので、是非ここで良い景色が見たいものところですよね。

口コミを調べた感じだと、オアフ島の西南の海岸線上を飛行してホノルル空港へ向かうようなので、機内右側の窓からだと青い海一面、左側の窓からだと島の海岸線と海の一部が見える感じのようです。海一面もとっても綺麗そうですが、どこの国に向かっているのか分からない代り映えのしない景色になってしまいそうなので、左側窓際の席のほうがいい気がします。

→ということで、ハルピカは往路は左の窓際の席を取ることにしました。

【復路】
ハワイ発は昼頃ですよね。子供もきっとまだ起きてます。
ただ、離陸時は、着陸の時のように徐々に高度を変えるようなことをせずに一気に高度を上げていくので、大抵一瞬で上に上がって雲の中…ということになってしまいそうです。

そんな中でも、口コミなどで調べた感じだと、空港を飛び立った後左に旋回して、その時に左側座席からワイキキやダイヤモンドヘッドが見えるという情報がキャッチできました。最後にハワイの景色を見て「さよならハワイ~!必ずまたくるわー!」と一瞬の余韻に浸るには左側がよさそうですね。

一方、羽田着は夕方なので、右でも左でも夕暮れの東京が見れるかな?という感じですね。

→ということで、復路も左側座席のほうがよさそうです。

-まとめ

ANAハワイ便の機材がB 787-8からB787-9へ変更されたことにより、事前に予約して座席指定していた人は座席が変更されています。
ビジネス席がゆったりに変更された&プレミアムエコノミーが新設された影響で、エコノミークラスの座席は飛行機の後方へ追いやられていますが、羽根の上ではない席が多く選べるようになっていますので、それぞれのニーズでベストなシートを選べるといいですね★


色々検索した結果、ハワイ便往復で窓の外の景色を楽しみたい場合は、どうやら左側がよさそうだと分かりました。
ちょっと先の日程ですが、ハルピカが機内左側の席でフライトを経験したら、窓からの景色など体験レポ記事を書かせていただこうと思っています!

 

ハワイ州観光局の「有休ハワイ」の広告、大好きなんですよ!いい仕事をするために有給取ってハワイに行こう!ってコンセプトです。たまには有給休暇とって遊ぶ計画を立てる。で、それを目指して毎日頑張る!で、その日が来たら日常を忘れて思いっきりハワイで楽しむ!そして、戻ってきたら、リフレッシュできた清々しい気持ちでまた日常を頑張る!良い循環ですよね!

ハルピカも普段は働く会社員、そして、戦うお母さん。このコンセプトは本当に共感できます。

陸マイラーなんだから、時には国際線フライトで日常を忘れてバカンス楽しんできます! 

yukyu-hawaii.com

 

関連記事

 

harupica.hatenablog.com

 

harupica.hatenablog.com

harupica.hatenablog.com

 

harupica.hatenablog.com

広告を非表示にする