共働き子育てママ「ハルピカ」の頑張りすぎないマイル日記

育休明け直後のワーキングマザーがある日思い立ち、ANA陸マイラーデビューをしてからの頑張りすぎずにマイルを貯める、等身大の記録です。
順不同に記事Upしているため、まとめ記事からだと体系的に読んでもらえます。

ふるさと納税とマイルの関係について考える

(20161031修正更新)

 

ハルピカは、ふるさと納税に2015年から参戦しています。

最初はなんだか面倒そうだ、と思っていましたが、始めてみたら、ものすごくはまります!
毎月のように、各地方の旬なものが届くので、家族全員大喜びです!
楽しくて仕方ないです。


『ちょっと手続きは面倒だけど、やった人だけが、がっぽり得をする』というところは、陸マイラー活動にすごーく似ていると思います。
少なくとも、ハルピカは、自分のCapacityの中の同じような部分を使って、ふるさと納税陸マイラー活動もやってます。
なので、陸マイラーでまだふるさと納税やってない方がいれば、チャレンジしてみたら良いのでは?と思ったりしています。

本来、ふるさと納税とマイルは別々のものですが、「マイル日記」と掲げている以上、無理やりふるさと納税とマイルをくっつけた考察をしてみました。

この記事を書いて感じたこと。

どうせ両方に手間をかけるなら、一石二鳥にできたほうが良いですよ!
今回記事をまとめてみて、ハルピカ的にも得るものがありましたので、どうぞお読み下さい!

 

 

 

ふるさと納税をしてマイルを貯める方法ってあるの?

 

答え:あります。
いくつか方法がありそうですね。

 

ふるさと納税の寄付をクレジット決済にする。

② ハピタスなどに出ている「ふるなび(ふるさと納税専門サイトの中の一つ)」の広告から寄付をする。

③ハピタスなどに出ている「楽天市場」の広告から入り、「楽天ふるさと納税」のページから寄付をする。

 

こんな感じでしょうか。

①は単独でもできますが、②や③と併用することもできるので、①+②や、①+③にすると、より多くのマイルを貯めることができると思います。

 

では、①~③の方法をそれぞれ見ていこうと思います。

 

ふるさと納税の寄付をクレジット決済にする

これは超初級編です。

ふるさと納税の寄付をする入口は、ふるさと納税専門サイト、各自治体HP、など、山ほどあります。
ふるさと納税専門サイトとは、ふるさと納税の返礼品を紹介してくれていたり、寄付の窓口情報をまとめてくれていて、寄付しやすく手伝いをしてくれるサイトです。
クレジットカード決済ができる自治体の場合は、ネットショッピングのような感覚で、ふるさと納税専門サイトのページからクリック、クリックしていき、寄付を完了させることも可能です。

代表的なものとしては、
ふるさとチョイス
さとふる
わが街ふるさと納税 City DO!」
・・・のあたりでしょうか。
Google検索でヒットする上位サイトを載せてみました)

 

この①は、これらの入り口のどこから申し込んでも良いことになります。大事なのは、クレジット決済できる自治体に寄付するということ、だけです。そうすることで、寄付をしておきながら、クレジットカードのポイントがもらえることになります。

 

【①のケースのまとめ】
年間10万円の寄付(ワイドゴールドカード決済)の場合:
自己負担:2000円(=寄付額10万円-還付額9万8000円)
得られるもの:1000ANAマイル※+実質5000円相当の返礼品10個
(※ ワイドゴールド100ポイント(10マイルマルチポイントコース)=1000マイル)

 

1万円の寄付でもらえる「実質500円相当の返礼品」って、相当いいものですよ。

例えば、

りんご15kg(山形県天童市)とか、牡蠣1.5kg(熊本県八代市)とか、鰻かば焼き2本セット(高知県四万十町)とか。。。

上の例だと、そんな感じの品々が10個もGETできるんですよ!すごいですよね。

f:id:Harupica:20161008121242j:plain
(↑写真はふるさとチョイスのページからお借りしました)

 

寄付して(実質負担額は2000円)、返礼品をわんさかもらって、で、さらにマイルも貯める、というウハウハ状態になります。

 

でも、これで満足していたら、もったいないので、もっとお得にふるさと納税できちゃうチャネルを探しましょう。
↓↓↓

② ハピタスなどに出ている「ふるなび(ふるさと納税専門サイトの中の一つ)」の広告から寄付をする

 

ふるなび」はふるさと納税専門サイトの一つですが、恐らく比較的新興サイトなのだろうと思います。(なぜならハルピカは名前を聞いたことがなかったから。老舗サイトだったとしたら、すみません。。。)
これが、ハピタスの広告案件として、現在出ています。

 

ハピタスの広告条件は2016年10月3日現在の情報で、

「納税寄付申請完了(決済確認必須):納税寄付申請1000円につき14円分のハピタスポイントが貯まる」

となっています。

 

返礼品の内容にもよりますが、1件当たり1万円の寄付~、というものが多いですよね。なので、1万円寄付した場合を具体的に噛み砕いて考えてみようと思います。

 

(例)年間10万円分を寄付する人の場合:
年間負担額が2000円なので、1万円寄付でもらえる返礼品1つあたりの負担額は200円ですね。
で、ハピタスから入って「ふるなび」で1万円分寄付したとすると、1.4%のポイントがもらえるので140ハピタスポイントが付きます。
このまま現金に換金するなら、140円分ですが、これをソラチカカードを使ってANAマイルに交換した場合、126ANAマイルになります。
マイルの価値は一般的に1マイル=2円と言われているので、それで計算した場合、252円分になりますね。そうすると、1万円寄付時に負担していた200円がポイント/マイルでまかなえてしまい、実質タダ以下で返礼品をGETできることになる!.......という、びっくりなシナリオになります。
(注:確定申告などの手続きの手間は発生しますので、要注意。でも、マイラーの皆さんなら、こんな手間ひま、慣れっこだと思います。)

1万円寄付時にもらえる返礼品と言えば、結構なものが多いですので、タダで手に入るなんて、信じられない夢のような話ですね。(しかもマイルもたまっている!)


さらに、なんだか複雑になってきますが、ふるなびでの寄付は、クレジットカード対応自治体ならクレジットカードで支払うこともできますので、クレジットカードのポイント/マイルもたまります。(先に説明した①の方法と併用ということです)
クレカのポイント還元率は、使用カードによって変わってくると思いますが、ハルピカがメイン決済用として愛用しているANA VISAワイドゴールドカードの場合は、1万円の決済で100マイルが付いてくることになります。

 

【②のケースのまとめ】
年間10万円の寄付(ハピタス~ふるなび~ワイドゴールドカード決済)の場合:
自己負担:2000円(=寄付額10万円-還付額9万8000円)
得られるもの:2260ANAマイル※+実質5000円相当の返礼品10個
(※ 2260マイル=1400ハピタスポイント(1260ANAマイル)+クレカ100ポイント(1000マイル))

 

f:id:Harupica:20161008121741j:plain

(↑写真はふるさとチョイスのページからお借りしました)

③ ハピタスなどに出ている「楽天市場」の広告から入り「楽天ふるさと納税」のページから寄付をする


すでに②のハピタス~ふるなびルートで、そのお得っぷりにびっくりしているところですが、引き続き、他の方法も検討していきましょう!
みなさん、ついてきてますか~??


次は、「ハピタス」~「楽天市場」~「楽天ふるさと納税のページ」から寄付をする、というパターンです。
ハピタス経由で楽天市場で買い物をすると、ほとんどの場合1%のハピタスポイントが付きます。ふるなびでは1.4%でしたので、率だけで考えると少し見劣りしますね。
でも、楽天では、楽天市場内にふるさと納税のページを設けていて、そこから寄付決済をした場合でも、通常の楽天市場のショッピングと同様に楽天ポイントの付与対象となります。
そのため、ふるなびのケースにプラスして、楽天ポイントも付与されることになります。
楽天ポイントの倍率は、アプリをその月に1回以上使ったか、とか、楽天カードを使ったか、とか、色々ややこしいルールがあって、どれだけの楽天ポイントが付与されるかは人によって違ってきます。

 

【③のケースのまとめ】
年間10万円の寄付(ハピタス~楽天市場楽天ポイント1倍と仮定)楽天ふるさと納税~ワイドゴールドカード決済)の場合:
自己負担:2000円(=寄付額10万円-還付額9万8000円)
得られるもの:2400ANAマイル※+実質5000円相当の返礼品10個
(※ 2400マイル=1000ハピタスポイント(900ANAマイル)+クレカ100ポイント(1000マイル)+楽天ポイント1000P(500マイル))

 

【③のケースのまとめ、応用】
年間10万円の寄付(ハピタス~楽天市場楽天ポイント4倍と仮定)楽天ふるさと納税楽天カード決済)の場合:
自己負担:2000円(=寄付額10万円-還付額9万8000円)
得られるもの:1900ANAマイル+2000楽天ポイント※+実質5000円相当の返礼品10個
(※ 1900マイル+2000楽天ポイント=1000ハピタスポイント(900ANAマイル)+楽天ポイント4000P(1000マイルとマイルに変えられない期間限定楽天ポイント2000ポイント))

 

ここまで読んでいただいた方はもうお分かりだと思いますが、1番もらえるマイルが多いのは、

ハピタス〜楽天市場楽天ふるさと納税ANA VISAワイドゴールドカードで決済

というルートだということがわかりました。 

f:id:Harupica:20161008121820j:plain
(↑写真はふるさとチョイスのページからお借りしました)

いままで/これからのハルピカのふるさと納税の寄付方法は・・・?

 

今までは、正直言って①ふるさと納税の寄付をクレジット決済にする、だけしかやっていませんでした。
理由は簡単、陸マイラーデビュー前だったから。
そして、ふるさと納税専門サイトが複数ある中で、「ふるさとチョイス」を愛用している(いた)から、です。

 

ふるさと納税についてちょっと読んだ本で紹介されていたのが「ふるさとチョイス」のサイトだったから、という単純な理由でここを使い始めていますが、改めて「ふるさとチョイス」を振り返ってみても、取扱い自治体の数や、サイトの見易さ、便利機能の多さ、等をみても、とても優秀なサイトだと思います。

②や③を使う場合には、「ふるさとチョイス」の代わりに「ふるなび」や「楽天市場」を使う必要があります。
複数のサイトを使い分けるのは正直面倒ですが、今まで寄付をしてきたいくつかの自治体は、「ふるなび」や「楽天市場」でも取扱いをしているので、来年からは②や③の方法でも寄付をしてみようかな、と思っています。

 

以前だったら、「複数のサイトからふるさと納税すると、管理がばらばらになって面倒だから、いや!」となっていたと思います。
でも、複数のサイトを使い分けることに陸マイラー活動を通じて慣れてきているので、マイルの管理と一緒にExcelなんかにまとめてしまえば特に複雑な作業じゃないかな。。。なんて思うようになっている自分にびっくりします。
ハルピカにとって陸マイラー活動は結構なインパクトをもらたした、ということですね。


②や③の方法でふるさと納税をするには、ポイントサイトへの登録が必要です。ハルピカが一番お気に入りなポイントサイトは「ハピタス」。
ハピタスの登録がまだな人は、こちらからどうぞ。
ここからの登録だと、紹介プレゼントとしてポイントが追加でもらえますよ!

一緒にマイルを貯めつつ、返礼品をもらってハッピーになりましょう★
↓↓↓ 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

広告を非表示にする