共働き子育てママ「ハルピカ」の頑張りすぎないマイル日記

育休明け直後のワーキングマザーがある日思い立ち、ANA陸マイラーデビューをしてからの頑張りすぎずにマイルを貯める、等身大の記録です。
順不同に記事Upしているため、まとめ記事からだと体系的に読んでもらえます。

2017年2月からの燃油サーチャージ復活の影響を考える (2017年特典航空券旅行計画中・・・)

 

f:id:Harupica:20161205143440j:plain

 

12月3日にニュースでバンバンやっていた、2017年2月からの燃油サーチャージ復活の件、皆さんはチェック済ですか?

ニュースの振り返りと影響を考察しました。

全日空日航燃油サーチャージを来年2月復活へ
12月03日 05:07

 航空会社が国際線の旅客から徴収する燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)が、来年2月の発券分から10カ月ぶりに復活する見通しとなった。北米線や欧州線で片道3500円、ハワイ線で同2000円が上乗せされる。全日本空輸日本航空が近く正式に発表する。米大統領選後に進んだ円安の影響で、航空機燃料ケロシンの円換算価格が上昇したため。シンガポール市場での10〜11月の平均価格は、基準値の1バレル当たり6000円を超える約6200円だった。石油輸出国機構(OPEC)の減産合意によって油価が上昇すれば、4月以降の燃油サーチャージはさらに引き上げられる可能性がある。(朝日新聞デジタルから引用)

 

www.asahi.com

 

燃油サーチャージってなんだっけ?


燃油サーチャージの正式名称は、燃油特別付加運賃です。
サーチャージは英語スペルで、Surchargeです。
意味は割増金とか、加算金とか、そういう感じですね。
燃油価格の高騰などの微調整ってことです。
微調整なので、一定期間ごとに金額が設定されていて、航空券にプラスして支配をする必要があるものです。

このサーチャージですが、ANA国際線はここ最近は下の表のような価格でした。
↓↓↓ f:id:Harupica:20161205141903j:plain


ずっと値下がり傾向できていて、2016年4月以降は加算0円だったんですよ。

本来、飛行機にのって海外に行くためには、
航空券代+燃油サーチャージ+空港使用料
を払う必要があります。

燃油サーチャージが0円になるということは、陸マイラー的にはすごーく意味があって、
特典航空券を活用する場合に支払うべきものは空港使用料だけ!という素晴らしい状況が作り出せるわけです。
特典航空券を貯めたマイルを使って無料で発券しても、サーチャージがあるからなんだかんだで数万円も支払わなくちゃいけない!となると、なんだかめっちゃ悔しいですもんね!
(空港使用料は、空港ごとに価格が異なり、出発で使用するのか、到着で使用するのかによっても変わってきます。だいたい最近は数千円程度になることが多いようです。これも嫌な加算なんだけど、逃げようがないからここでは目を瞑っておきます。)

で、冒頭紹介したニュースは、このサーチャージ2017年2月1日以降は0円ではなくなってしまう!という話題だったわけです。
今後追加になる価格は、ハワイ線で片道2,000円のプラスということなので、過去直近の料金(片道4,000円)よりは安いのですが、0円時代を知ってしまうと、なんだか追加で取られだすのは悔しい!という感覚になってしまいます。。。
家族4人でハワイに行くと、16,000円プラスで払う必要ありますからね。家族4人でヨーロッパだと、片道3,500円×2(往復)×4人=28,000円がプラスですよ。
なんかいやですねー。

 

サーチャージ復活の適用はいつから?

これ大事です!燃油サーチャージは、搭乗日ではなく、発券日が決め手になります。
つまり、2017年2月以降の旅行でも、2017年1月中に発券してしまえば、燃油サーチャージ0円で大丈夫ということになります。

以前記事で少し書きましたが、実はハルピカ家族は2017年のGWにハワイに特典航空券で旅行にいくことにしていて、既に飛行機を押さえてあります!
搭乗日ベースでは燃油サーチャージがかかってきてしまう期間になるので、最初ニュースで燃油サーチャージの変更を知った「えええ~・・・!」と思ったのですが、
発券日ベースだと調べてみて分かったので、ホッと胸をなでおろしたという感じでした。

 

発券済みかどうか確認しよう!

発券日ベースで燃油サーチャージが決まると分かったところまではいいのですが、
私はちゃんと発券済なの・・・?という疑問が残りました。

昔ながらの旅行予約なら、航空券が郵送で届いたりして「発券したぜぃ!」という感じがすごくあるんだろうと思いますが、WEB上で予約するとボタン一つで発券されるし、発券しても紙の何かが届くわけではないので発券した実感があまりありません。
数か月前に特典航空券を押さえたときは、他の人に取られてはいけない!とバババーと急いで作業をしたので、発券できているのか改めて考えてみるとよくわからないのです。
「本当に発券済?」という心配を解決するべく確認してみることにしました。

まずは、ANAウェブサイトのマイレージクラブマイページを開きます。
「国際線予約確認」のページを開くと、一瞬で解決しました。

f:id:Harupica:20161205143144j:plain


ページ上部に「予約・購入状況」という表示部分があり、ここにばっちり「発券済み」と出ていました。
ここを確認すればいいんですね!

 

まとめ

燃油サーチャージが久方ぶりに復活ということで、今後の海外旅行には追加料金がかかってしまうことになります。
通常の航空券を購入したり、ツアーを予約したりする場合には、追加サーチャージ分を相殺して0にできるような安いプランを選んで気を紛らわせることができるのかもしれませんが、特典航空券を活用する場合にはダイレクトに追加料金として表れてきてしまうので、陸マイラー的にはちょっと痛い変更ですね。

2017年の海外旅行を考えている人は、特典航空券の場合も、それ以外の航空券の場合も、早めに計画をして2017年1月中に発券までいけると旅費がぐっと浮きますよ!

関連記事

 

harupica.hatenablog.com

harupica.hatenablog.com

harupica.hatenablog.com

harupica.hatenablog.com